> >

朝と、夜のお風呂の時の顔の洗い方など



ニキビができてしまった時というのは、自分の生活や習慣を見直すチャンスでもあります。

ニキビができるということは、何かしらの原因があるからです。

一番簡単なことは、まず洗顔方法を見直してみることです。洗顔は誰でも毎日2回はするものですよね。

これが適当だったりすると、皮脂や汚れがたまってしまいニキビの原因になってしまいますので、ニキビができた時の正しい顔の洗い方をご紹介します。
朝と、夜のお風呂の時の顔の洗い方など

朝は洗顔しない美肌法はニキビ肌には向かない

まず、洗顔は朝晩することが基本ですが、朝もしっかり洗顔できているでしょうか?

一時期「朝は洗顔しない美肌法」というものが流行りましたが、ニキビができる人にはこの美肌法は不向きです。

これは乾燥肌で皮脂量が極端に少ない人向けのものであって、ニキビができる=皮脂量が多い人は朝の洗顔もしっかりと洗顔料を使って行いましょう。

洗顔する際は、髪の毛はすっきりまとめて、顔を全開にして行いましょう。

髪の毛が顔にかかったままだと、丁寧に顔を洗うことができないので、ヘアターバンなどを使用してください。


お風呂で顔を洗うのは必ず最後

次に夜の洗顔のタイミングです。

夜はお風呂で洗顔をする人が多いかと思いますが、シャンプーやトリートメントをする前に洗顔してしまっている人はいないでしょうか?

最初に洗顔をしてしまうと、その後のシャンプーの泡やトリートメントのすすぎのお湯でまた顔は汚れてしまいます。

「最後に顔をすすぐから大丈夫。」と思う人もいるかもしれませんが、それでは汚れが肌に残ってしまい、ニキビの原因になります。顔を洗うのは、必ず最後に行うようにして下さいね。

洗顔料はいろいろなものが売られていますよね。


自分の肌に合った洗顔料、お勧めは石鹸タイプ

ニキビ肌用と謳ったものや、肌の潤いを逃さないと謳ったものなどもありますが、基本的には自分の肌に合ったものを使用すると良いでしょう。

使ってみて赤みやヒリヒリ感を感じるものはすぐに使用をやめましょう。

ニキビ肌用で“古い角質を除去する”と書いてあるものにはピーリング剤が少し配合されていることが多いです。

ピーリング剤が入っているものを使用して、肌がガサガサするな。赤みが出たな。と思ったら使用頻度を2日に1回や3日に1回に減らしてみてください。

たくさんある洗顔料ですが、お勧めは石鹸タイプのものです。

チューブや泡で出てくるポンプタイプのものと比べて、余計なものを入れずに作ることができるので、肌にも刺激がなく優しいものが多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 洗顔方法

Comments are closed.