> >

ニキビができた背中は「綿のタオル」で洗う



背中のニキビで悩んでいる人は男女問わずたくさんいます。背中のニキビが悪化すると、あおむけになったときにとても痛くて熟睡できないという困ったことにもなります。
ニキビができた背中は「綿のタオル」で洗う
背中はもともと皮脂量の多い部位です。
そのためニキビができやすいのです。

背中ニキビで悩んでいる人の中には、清潔にしなくちゃ!と思うあまり、お風呂で体を洗う際にナイロンタオルでごしごしこすって、皮脂や汚れを落とそうとすることがあるようです。

しかしこれは絶対にNG!清潔にするというのは大切なことですが、皮膚をこすることが肌にとっては刺激になり、その刺激から肌を守るためにどんどん角質が分厚くなってしまいます。

角質が分厚くなると、毛穴が詰まりニキビが増える原因になります。
それにごしごしこすっても毛穴の中のアクネ菌まで落とすことはできないのです。

ナイロンタオルやボディブラシはNG

ナイロンタオルやボディブラシを使って体を洗っている人は、すぐに綿のタオルに変えましょう。

綿のタオルでなくても、手のひらで洗うだけでもいいのです。

また、ボディソープは肌に刺激を与える成分が入っているので、石鹸の方が肌に優しくてお勧めです。石鹸をよく泡立てて、肌をなでるように優しく洗いましょう。

身体を洗うのは、シャンプーやトリートメントの後にしましょう。

シャンプーやトリートメントのすすぎのお湯が体にかかると、成分が肌に残ってしまい刺激になります。

お風呂の後は保湿をすることも大切ですが、ニキビのある部分にはボディクリームなど油分の多いものを塗らないようにしましょう。(逆に乾燥肌もニキビの原因になるので気を付ける必要あり)

余分な油分がニキビを悪化させてしまう可能性があります。


夏は朝のシャワーもおすすめ

夏場は朝もシャワーを浴びると、寝ている間にかいた汗を流して清潔に保てるのでおススメです。日中は綿の肌着を着るようにしましょう。汗をよく吸ってくれますし、肌触りがいいのでニキビ肌に最適です。

また、たばこは活性酸素を増やしてニキビを悪化させるので気を付けましょう。背中だけでなく胸やお尻にできるニキビにも同じことが言えます。

それでもなかなか治らない時や、悪化して痛みを伴う時は迷わず皮膚科を受診しましょう。塗り薬や、内服薬(ビタミン剤や抗生物質など)で意外とすぐに治ることもありますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 背中ニキビ

Comments are closed.