> >

「ほおづえ」「メイク道具の洗浄」「髪が顔周りに当たる」



よく、「日々の過ごし方は肌に現われる」と言いますが、それはニキビについても同じです。

規則正しい生活は美肌を作りますし、逆に不規則な生活はニキビを引き起こします。ただ、一口にニキビの原因といっても、多岐にわたります。「不規則な生活はいけない」と言われても、何を変えたらいいのか、具体的にはピンとこないですよね。

しかも、意識していない何気ない習慣がニキビにつながることもあります。ここでは、普段あまり気にしていないけれどニキビの原因になる生活習慣を3つご紹介します。



まず、ほおづえをつくことです

仕事中や考え事をしているときなどについ行ってしまう方も多いと思います。しかし、様々なものを触る手には雑菌がたくさん。

ほおづえをつくと、手の雑菌が顔の肌に移り、ニキビの元となる菌が繁殖しやすくなってしまいます。

特に、頬やあごにニキビができやすいという方は、ほおづえをついていないか、チェックしてみてください。


髪が顔周りに当たる

次に、髪が顔周りに当たることです。毛先の刺激が肌の炎症を起こしやすくなりますし、髪にはスタイリング剤がついているので、これもニキビの原因になります。

ミディアムからロングヘアの方は、ニキビができやすい生理前だけでも、髪をまとめることをおすすめします。また、ショートカットやボブの方は、頬やあごに毛先が触れがちです。

まとめるのは難しいかと思いますが、今はサイドの髪を耳にかける「耳かけスタイル」も流行っているので、たまには耳かけスタイルを楽しむのもいいと思います。


メイク道具を洗っていない

次に、メイク道具を洗っていないことです。ファンデーションのスポンジやメイクブラシ、前回はいつ洗いましたか?「忘れてしまった」という方も多いのではないでしょうか。毎日洗うのは大変ですが、せめて1週間に1度は洗いたいところです。

とくに、ファンデーションスポンジは、ファンデーションを肌に伸ばすときに皮脂や水分を吸収しており、雑菌が繁殖しやすいです。汚れたスポンジでメイクすると、メイク自体はきれいに仕上がっても、ニキビができやすい状態を作ってしまいます。スポンジはクリーナーで洗って、よく干すようにしましょう。

できればスポンジを2個以上持っておき交互に洗うようにすると、いつでも清潔はスポンジが使えておすすめです。


以上が、ニキビの原因になる生活習慣です。どれもついついやってしまいがちなことですが、このような習慣の積み重ねがニキビにつながります。できることから改善していきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビの原因

Comments are closed.