> >

皮膚科でニキビを治すメリット



皆さんはニキビができてしまったら、どうやってケアしていますか?ニキビ用の化粧品を使ったり、市販薬を使ったりと、自分でケアしている方が多いと思います。

しかし、ニキビは皮膚科でケアすると治りが早くなることが多いです。皮膚科でニキビを治すメリットについてご紹介します。
皮膚科でニキビを治すメリット

市販薬よりも効き目の強い薬を処方

まず、市販薬よりも効き目の強い薬を処方してもらえることです。皮膚科で処方されることが多い薬としては、毛穴のつまりを取り除くレチノイドや、毛穴につまった角質を取り除きやすくするイオウ製剤などがあります。

また、肌が炎症を起こしている場合には、抗生物質が処方されることもあります。「ニキビに抗生物質!?」と思うかもしれませんが、炎症が長引けば長引くほど肌の奥にまでダメージが広がり、ニキビ跡ができやすくなってしまいます。

炎症をできるだけ最小限に抑えるのが、きれいにニキビを治すポイントになりますので、抗生物質は効果的です。

ニキビを正しい方法でつぶしてくれる

さらに、つぶしてもいい状態になったニキビは、専用の器具でつぶしてくれます。

自分でつぶすこともできますが、つぶしていい状態の見極めが難しかったり、つぶし方がうまくいかなかったりしてニキビ跡になる心配もあるのですが、病院でやってもらえれば安心です。

漢方薬などを使って体質改善

ほかにも、漢方薬などを使って体質改善を行うところもあります。

次に、価格です。皮膚科での治療は保険が効くので、市販薬や化粧品をいくつも買って試すよりもずっと経済的です。中には保険が効かない治療法もありますが、いくつも化粧品を買うことに比べれば、大した金額にならないことも多いです。

次に、ニキビができては消え、できては消えを繰り返すというサイクルから解放されることです。

ニキビで悩む方の中には、ニキビができたり治ったりを繰り返す方が多いです。これは、ニキビが一見治ったように見えてもまだ完治しておらず、再び炎症を起こしてひどくなるケースと、そもそもニキビができやすい肌状態になってしまっているケースなどがあります。

自己流のケアでは、自分の肌がどの状態なのか、何が原因になっているかを正確に見極めることは難しいですよね。

そこで専門家の診断が役立つわけです。実際に、皮膚科で見てもらったら意外なところにニキビの原因があったと分かったという人はとても多いです。

「たかがニキビくらいで病院に行くのも・・・」と思う方もいるかもしれませんが、ニキビも立派な皮膚トラブルです。

ニキビに悩んでいる方は、皮膚科に相談してみるのもおすすめですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.