> >

ニキビが発生する原因と仕組み



顔にぷくっと赤みを帯びたニキビは、誰でも経験したことがあるでしょう。

中学生の思春期の頃にいきなりでき始めたニキビは、思春期が終わっても大人ニキビとして一生つきまといます。

日常茶飯事のように起こるニキビは放っておけば治る、と多くの人が考えるでしょうが、ニキビはれっきとした病気なのです。
ニキビが発生する原因と仕組み

尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)

ニキビには、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)というきちんとした病名があります。
ニキビは皮膚の病気です。ニキビがひどくなると痕が残り、でこぼこしたクレーター状の跡が顔に残ることになってしまいます。ニキビは軽視せずに、早急に治療することが必要です。


ニキビはなぜできる?

そもそも、ニキビとはなぜできるのでしょうか。

毛穴が汚れているから?ストレスやホルモンバランスのせい?何となくは知っているけれど、細かいことは不明だという人は多いと思います。

ニキビ菌(アクネ菌とも呼ばれます)は、皮膚の毛穴に存在します。
そして皮膚の毛穴には、ニキビ菌の他にも、皮脂腺で作られた皮脂が住んでいます。
このニキビ菌と皮脂が関係してニキビができるのです。

どうしてニキビができるのか?
何らかの理由で毛穴が詰まると、皮脂は外に出られなくなります。
そうなると、皮脂が大好物のニキビ菌が増えてしまい、炎症を起こす物質を生産し、炎症を起こし、ニキビができるのです。

ニキビ菌も皮脂も身体に重要

やっかいな事にニキビ菌も皮脂も私たちの身体にとって、とても重要です。

ニキビ菌は、皮膚を弱い酸性にして他の病原菌の繁殖を抑える役割を担っています。
しかし、ニキビ菌は酸素が少なく皮脂の多いところでは繁殖しやすいという性質を持っています。

皮脂腺から分泌する皮脂は脂肪です。
皮脂は汗と混ざり合い、皮脂膜を作ります。

皮脂膜は肌にうるおいを与え、外部からの刺激を守ります。水分が必要以上に蒸発しないように防いでもくれます。

また、皮脂も細菌の感染を予防してくれます。

皮膚が弱アルカリ性になって湿疹を起こさないように、弱酸性に保つ働きをします。


毛穴のつまり

では、皮脂が増殖しただけでなぜニキビ菌が増えてしまうのか。
すべての原因は、「毛穴のつまり」です。

毛穴がつまったことにより酸素もなくなりニキビ菌が増殖します。毛穴がつまる原因は人それぞれです。

ホルモンバランス、ストレス、細菌の増殖、乾燥など様々な理由で毛穴はつまります。

更に皮脂の量も人によって違いますし、人種・性別・年齢・季節・食べ物によって変動します。

本当に、色々な要因が重なり合ってニキビができるので、原因を特定するのは難しいことです。しかし、毛穴がつまらなければニキビはできないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビの原因

Comments are closed.