> >

自宅でできる思春期ニキビ撃退法



中学生・高校生の思春期の間に発症する思春期ニキビ。早い人は小学生終わりごろからでき始め、10代後半になってくると落ち着き始めます。

思春期ど真ん中で顔にニキビができると、気持ちも落ち込むし自分に自信もなくなってきますよね。

今まであまり顔のお手入れなど気にしていなかった人はどうしたらいいかわからないと思います。そこで、思春期ニキビに欠かせない予防と対処方法を紹介します。
自宅でできる思春期ニキビ撃退法

ニキビは皮膚病

ニキビには尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)というきちんとした病名があります。

ニキビは皮膚病なのです。

放っておくとニキビは悪化しクレーターのようなニキビ痕ができて取り返しのつかない状態になってしまいます。

きちんとした治療とニキビになりにくい肌を作ることが必要です。

ニキビは誰にでもできる皮膚病です。


ホルモンが皮脂の分泌を急激に活発化

大人の身体に成長していくために男女ともホルモンが増えてきます。
男子は声変わりし、体格もよくなってきます。

女子は丸みを帯びた体つきになり、月経が始まります。
このホルモンが皮脂の分泌を急激に活発化させるので、思春期にニキビが起きやすいのです。

皮脂は汗と合わさって皮脂膜を作り、肌の水分蒸発や乾燥させるのを防いだり細菌が入らないように守ったりと大切な役割を担っています。

しかし、皮脂が多すぎると毛穴がつまり、ニキビ菌(アクネ菌とも呼ばれます)が増殖してニキビが発生してしまうのです。

ニキビの予防で一番重要なのは、洗顔です。毛穴を詰まらせないため、余分な皮脂を除去するため、そして毛穴に詰まった角質を取り除く役目もあります。

「肌のターンオーバー」という言葉を知っていますか?

肌は新しい細胞が毎日生まれてきます。肌の下の方にできた細胞がどんどん押し上げられて新しい細胞になり、また少しずつはがれていきます。

傷ついた肌やかさぶたは自然と日が経てば治っていくのはこのためです。

しかし、この細胞(角質)が毛穴に詰まってしまうことがあります。

そうなると、皮脂が毛穴から出られなくなりどんどん溜まっていきます。ニキビ菌は酸素がなく皮脂のあるところに増殖するという性質があります。

角質がつまっているとニキビができるのはこの仕組みによります。


洗顔の仕方

洗顔の仕方ですが、まずよく泡立てることが必要です。

できれば、洗顔ネットなどを使い、もこもこの泡を作って下さい。

そして、顔をごしごし洗わないことです。泡を使って優しくなでるように洗います。

手で肌を傷つけないようにすることが大事です。
そして泡が顔に残らないように、よくすすいで下さい。

髪のはえぎわやあごの下などに洗顔料が残りやすいので気を付けるとよいでしょう。

ここまで丁寧に洗ったのですから、顔を拭くときもごしごし拭かないで抑えるように優しく水分を取って下さい。

しかし、洗顔だけで終わってはいけません。
ここからが最も重要なことです。


洗顔の後は必ず保湿

洗顔の後、必ず保湿をしないといけません。
これを忘れている人が非常に多いです。

皮脂の本来の役割を思い出して下さい。
皮脂は、肌を乾燥から守るために存在します。

洗顔して角質が取り除かれ肌をそのままにしておくと、皮脂が乾燥していると判断してまた、皮脂を生成してしまいます。

そうなると、肌が脂っぽくなり角質も厚くなり、洗顔しても何の意味もなくなってしまいます。

洗顔後は、肌を保湿するための化粧水を必ずつけることを忘れないようにしましょう。化粧水はドラッグストアなどで簡単に手に入ることができます。

化粧水は思春期のニキビ用化粧水を購入するとより効果的です。

この化粧水は皮脂の分泌を抑え、殺菌する成分が配合されていて思春期ニキビにはぴったりです。

思春期ニキビには洗顔と保湿が大事だということがわかっていただけましたでしょうか。自宅で簡単にできることなので毎日の習慣にぜひして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 思春期ニキビ

Comments are closed.