> >

なぜ毛穴がつまるの?



ニキビが発生する仕組みは、「毛穴がつまる」ために起こります。
毛穴がつまる要因は人それぞれです。
なぜ毛穴がつまるの?
どんなことがもとで毛穴がつまるのでしょう。

ニキビといってまず一番に思い浮かべるのは思春期に顔に起こるニキビではないでしょうか。

ニキビは時期によって「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」に分かれます。
思春期ニキビは、第二次性徴期に性機能が完成するために増大するホルモンが主な原因です。

大人ニキビは、ホルモン以外にも様々な原因でニキビが生じます。

まずは、なぜホルモンが毛穴に関係するのかということを説明しましょう。


ホルモンと毛穴の関係

思春期、第二次性徴期に男性は精巣から、女性は卵巣からホルモンが出され、からだに変化が起こります。

この男性ホルモン(アンドロゲン)がニキビを起こしやすい原因の一つです。
アンドロンは皮脂の生産を促進させる働きがあるのです。

女性にはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類のホルモンがありますが、このプロゲステロン(黄体ホルモン)が皮脂の分泌を促します。

また、女性にも男性ホルモンが存在します。男性の20分の1程度しかありませんが、思春期には男性ホルモンが増発することがわかっています。

思春期に毛穴が詰まり、ニキビが起きやすくなるのは、第二次性徴期でホルモンが増えることが原因なのです。

月経前にニキビになりやすいのは、プロゲステロンが増えているためなのです。プロゲステロンは月経2週間前から増え始め、月経の始まりと同時に減少します。

思春期の毛穴のつまりは成長ホルモンが主な理由ですが、ホルモンバランスが安定してきた大人は、様々な原因があります。


大人の毛穴がつまる理由

ストレス、睡眠不足、便秘などの改善、バランスのとれた食事など毎日の生活習慣です。
また肌の乾燥やメイクもニキビが起こる一因です。
オイリーな肌の人だけがニキビになる訳ではありません。

脂性肌の人のニキビは、皮脂が毛穴にたまりすぎてニキビになりますが、乾燥肌の人は毛穴にある角質層が固くなって毛穴をふさいでしまいます。

毛穴が閉じてしまうと中で分泌された皮脂が外に出ることができずにニキビになります。
冬だけでなく、夏場のクーラーを使用した室内も乾燥します。
乾燥肌の人は洗顔後に化粧水を多めに使用して、角質を柔らかくすることが必要です。

メイクも毛穴をふさいでしまうので、帰ってきたら早目にファンデーションを落としましょう。ニキビがある時にメイクしてもかまいませんが、油性成分を含まないオイルフリーの化粧下地やファンデーションが適しています。

カバー力の高いファンデーションやクリームは値段が高いですが、油性成分が大量に含まれているために毛穴をふさぎ、ニキビ肌を悪化させるので注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビの原因

Comments are closed.