> >

ニキビにまつわる信じると危険な噂



思春期の頃は思春期ニキビ、そして大人になってからも大人ニキビと、ニキビに悩まされている人はたくさんいます。

悩んでいる人が多い分、ニキビにまつわる都市伝説のようなものも多いんです。
ニキビにまつわる信じると危険な噂をまとめましたので、是非参考にしてみてくださいね。
ニキビにまつわる信じると危険な噂


ニキビは潰すと治る

ニキビでよくある間違いに、「ニキビは潰すと治る」という話があります。

ニキビで炎症が起きた状態で、潰すと毛穴周辺の皮膚組織まで破壊されてしまい、色素沈着やクレーター状のニキビ痕に発展してしまいます。

炎症の起きてない白ニキビであれば潰しても大丈夫(自己処理はダメ。皮膚科で正しい方法で)ですが、それ以外のニキビは絶対に潰してはいけません。


目薬でニキビが治る

最近ネットで広く言われているのが、「ニキビ患部に目薬をつけると治る」というもの。

目の充血を抑える成分がニキビの炎症も抑えてくれる作用があるということで、ニキビには目薬が効くという話が広がっています。

確かに目薬には目の充血を抑える成分が入っているし、「炎症を抑える」という観点から言うとニキビにも効きそうなイメージがありますし、実際に目薬でニキビが治ったという口コミも多数見かけます。

ですが、薬を本来の使用法とかけ離れた使い方をするのには危険が伴います。

肌の弱い人やニキビが悪化している人はもちろん、それ以外の人もニキビ治療に目薬を使うのではなくニキビ薬を使うようにしましょう。


歯磨き粉でニキビが治る

こちらは昔からある噂話ですが、「ニキビが出来たら歯磨き粉を塗って寝れば治る」というもの。

歯磨き粉には殺菌成分が含まれているので、その成分がニキビのアクネ菌の増殖を抑えてくれるというように考えられているようですが、ニキビは正式名称が「尋常性ざ瘡」という皮膚の病気。

軽々しく他の用途で使われるものを皮膚に塗ると、皮膚が更に炎症を起こしたりと悪化してしまう危険性もあるので避けたほうが良いです。

歯磨き粉でニキビが治ったという話は良く効きますが、皮膚科の先生たちはこの方法に反対されているようです。

ニキビを治すのであれば、市販のニキビ薬か皮膚科で処方された薬を使うようにしましょう。 ニキビを治すために試行錯誤することがあると思います。
でも、何でもかんでも信じて試してみるのは危険。

ニキビは皮膚の病気でもあるので、何かを試す時には慎重に行うようにしましょう。ネットの噂を信じすぎるのは危険ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.