> >

内側と外側からのニキビの原因



内側からのニキビができる原因

ホルモンバランスの乱れ

ニキビの原因と言われている大きな理由の一つが“ホルモンバランスの乱れ”です。
ホルモンバランスといっても、思春期の時期に乱れるホルモンバランスもあれば、大人になってから乱れるホルモンバランスもあります。

思春期は体が子どもから大人へと変化していく時期で、体が成長している時期ですから特にホルモンバランスが乱れやすくなり、それによってニキビができてしまいやすくなっているのです。

思春期でも大人でも女性特有なのが生理前にできてしまうニキビ。

生理とホルモンバランスというのは非常に大きく関係しているのは言わずもがなですよね。

ホルモンバランスが乱れやすく、お肌が敏感になる生理前というのは、普段ニキビができにくい体質の人でもニキビができてしまうという人もいる程、生理とニキビの関係は深いんですよね。


ストレス

次にニキビの原因と言われているのがストレス。ストレスは思春期でも大人でも感じてしまう時はありますよね。

思春期の時期の子は勉強や将来への不安、学校生活における人間関係などでたくさんストレスを抱えているでしょうし、大人は仕事であったり、生活していくことへの不安、人間関係、恋愛の悩みなどこちらもまた色々なストレスを抱えています。ストレスを抱えるとこちらもまたホルモンバランスが乱れやすくなってしまうので、それがニキビの原因になるのです。

偏った食生活、便秘、睡眠不足などの生活習慣の乱れによるものもニキビの原因になることがあります。

加工された食品ばかり食べたり、バランスを考えず偏った食生活を続けていると、必要な栄養素が摂れていない状態になってしまい、それがニキビや肌荒れを引き起こす原因になってしまいます。ジャンクフードやチョコレートなどの甘いもの、脂っこい料理ばかり食べていてもニキビができやすくなってしまいます。

そういった食生活は便秘の原因にもなります。便秘もニキビの原因になりますので、バランスのとれたきちんとした食生活を送る事はニキビ予防にはとても重要です。


睡眠不足

睡眠不足もニキビには大敵です。

夜の10時から夜中の2時はお肌のゴールデンタイムと呼ばれている時間です。その時間に寝ないで夜更かしばかりしていると、きれいなお肌を作ってくれる機会を逃してしまいます。寝不足が続いていると体の免疫力も落ちてしまいますし、きちんとした睡眠が取れていないことがニキビの原因となっていることが結構多いのです。

今回はホルモンバランスの乱れやストレス、生活習慣の乱れなど、どちらかというと体の内側から影響を受けているニキビの原因についてお話しました。

次は外側から影響を受けているかもしれないニキビの原因についてお話したいと思います。


外側からのニキビができる原因

化粧水、乳液、クリーム、美容液が原因

まずは化粧水、乳液、クリーム、美容液が原因となっている場合。
化粧水や乳液、クリーム、美容液はお肌をケアしていく中ではかなり重要なアイテムですよね。ニキビができていてもお肌に潤いを与えること、保湿は必須です。

ただ、本来の肌タイプに合っていないスキンケアアイテムを使ってしまうとそれがニキビの原因になってしまう場合があるのです。それを防ぐ為には、自分の肌タイプをきちんと把握しておく必要があります。

化粧下地やファンデーション

化粧下地やファンデーションもニキビの原因になっている場合があります。

化粧下地やファンデーションは顔に直接塗るものですから、それだけお肌への影響も大きいですよね。化粧下地やファンデーションに含まれる成分がお肌に合わない為に、ニキビができてしまっているというケースは意外とあるんです。

化粧下地やファンデーションは一度購入すると使い切るのがなかなか大変なんですよね。購入してから肌に合わずニキビができてしまった!

なんてことがないように、なるべくなら化粧下地やファンデーションはサンプルを使って何日間か試してから購入した方が良いでしょう。


メイクアップ道具

それから気を付けなければいけないのが、メイクアップ道具です。ファンデーションを塗る時に使うスポンジ(パフ)は特に注意しなければいけません。

お肌に直接つけるスポンジはファンデーションを塗るだけではなく、お肌の皮脂なども吸収しているんです。

スポンジについた皮脂はそのままにしておくと雑菌の温床になってしまいます。ですから、ファンデーションのスポンジはある程度使用したら洗うようにするか、新しいスポンジに変えるようにしましょう。

ちなみにスポンジを洗う時には、スポンジクリーナーで洗うか、もしない場合は普段使っているメイク落としでも落とせます。(スポンジクリーナ―がない場合、普段使っているメイク落としをスポンジになじませ、ファンデーションを浮き上がらせます。メイク落としをなじませたスポンジをすすいだら、今度は洗顔料を使ってスポンジをよく揉みながらさらに汚れを浮き上がらせます。スポンジの水分をギュッと絞ったら、日光によく当ててスポンジの中まで乾かせばOK)

新しいスポンジを使う場合は、100均やドラッグストアでセットになって販売しているものが手軽に使用できるのでオススメです。


石鹸や洗剤類

ボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、洗顔料などの石鹸類は、石鹸自体が合わなかったり、洗う順番によるものだったり、洗い残しが原因の場合があります。

石鹸自体が合わなかった場合は、使うのをすぐにやめるようにすれば改善していくはずですが、洗う順番と洗い残しは普段からのクセの部分もありますので、少し意識して変えるようにしなければいけません。

洗う順番はシャンプーとコンディショナーで髪を洗ってから、ボディーソープという順番にした方が良いと言われています。

おでこやあご、背中ニキビの原因のひとつにシャンプーとコンディショナーの洗い残しもあると言われています。シャンプーとコンディショナーの後に体を洗えば、体に残った成分も一緒に洗い流せるのでニキビ予防には効率的なようです。

洗剤類がニキビの原因になっていることもあります。

タオルや枕カバー、シーツに使っている洗剤や柔軟剤が十分にすすぎ切れていない為に、お肌に触れた時にそれが刺激となってしまって、ニキビの原因になっているケースもあるのです。

ですから、体に触れる物はすすぎもしっかりするようにしてお肌の刺激にならないように気を付けましょう。


枕カバーやシーツ

それから寝具は特に寝ている間に体に触れるものですから、枕カバー、シーツは定期的にお洗濯をすること、枕やお布団なども晴れた日にはきちんと干すようにして清潔にしておくように心がけることが大切です。



いかがでしたか?

ニキビの原因は実に様々ですね。

ニキビの原因がわかれば、改善への対処法も見つかるかもしれないので、ニキビの症状がなかなか改善しない場合は、いろんな方向から原因を探ってみることも必要かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビの原因

Comments are closed.