> >

思春期にできるニキビを治す



思春期にできるニキビというのは第二次成長期のはじまりによって、ホルモンバランスが変化してくることで皮脂の分泌量が増えてきてしまうのが主な原因だと言われています。

皮脂の分泌量が増えてきてしまうと、毛穴に皮脂が溜まりやすくなってしまいます。
その溜まってしまった皮脂をエサにアクネ菌が増えていってしまい、思春期ニキビができてしまうという訳です。

大人になってできるいわゆる大人ニキビは、お肌のターンオーバーの乱れや乾燥が原因であることが多いので、思春期ニキビとはまた原因が違います。

思春期ニキビの場合、成長過程でのホルモンバランスの乱れから起きてくることが多いので、ある一定の期間が過ぎてしまえば段々症状も落ち着いてくる傾向にあります。

よく思春期にできたニキビは大人になったら治ると言われていますが、それはあながちウソではないんですね。

大人になったら治ると言われても、思春期ニキビができてしまう時期は悩み多きお年頃ですよね。

見た目も気にし始める頃ですから、大人になるまでなんてとても待てないと思う人も多いはずです。
思春期にできるニキビを治す

洗顔が一番大切

思春期ニキビを少しでも改善するには、やはり洗顔が一番大切です。でもたくさん洗いすぎるのは大人ニキビの時と同じように良くありません。

ただ部活などで汗をかく機会も多いでしょうから、汗をかいた時にはきちんと洗顔をするようにすると良いようです。

ニキビができたら絶対に潰さない

それからニキビができたら絶対に潰さないこと。潰すと顔にニキビ跡が残ってしまいます。
気になっても薬を塗る時や、顔を洗う時以外は触らないというのも大切です。

思春期ニキビに多い赤ニキビというのは、お肌が炎症している状態です。その状態のお肌に触れてしまうとより悪化させてしまう原因になるのです。

ですからいくら気になっても触らないこと。触らないことが治療の始まりだと言われているぐらい、思春期ニキビを治すには大切なポイントになってきます。

ニキビ薬

思春期ニキビにはやはりお薬も改善するきっかけになってくれることがあるようです。

ニキビの治療に使う塗り薬はドラッグストアでも売っていますし、皮膚科のお医者さんに診てもらって病院のお薬を出してもらうのも良いでしょう。

ニキビの塗り薬は白いものや透明のものなどがあり、使う時間帯によっても違いますが、日中もつけたい時には、透明の薬を使用すると目立ちにくいですよ。

ニキビに悩むのは決して女の子だけではなく、男の子も悩むことだと思います。

男の子も女の子も、思春期の悩み多き時には少しでも悩みが減ってくれたら良いですよね。

いくら成長過程のホルモンバランスの変化と言えど、早めに対策をすることで抑えられる部分もあるので、洗顔をきちんとしたり、潰したり触らないようにしたり、お薬を塗ったりして、自分でできる限りの対策をするようにしましょう。



さて、洗顔や潰さない、触らない、お薬を塗る以外に気を付けられることはあるのでしょうか?

食べ物

思春期の時期というのはとにかくお腹が空くと思います。
スナック菓子を食べたりインスタント食品を食べたりしている人も多いと思います。

お腹が空くから手軽なスナック菓子やインスタント食品を食べてしまう気持ちもわかりますが、もし思春期ニキビに悩んでいるなら、なるべくそういった食品を食べるのはやめるようにしましょう。

スナック菓子やインスタント食品には体に良くない油が大量に使われていることが多いですし、栄養もあまりありません。

含まれている油がさらに皮脂を分泌させる原因になってしまうことも。

それにそういった食品を食べると体が食べたものを消化する時に大量の栄養を使ってしまうとも言われています。

ビタミンB群が不足していると口内炎ができやすいように、ニキビもできやすくなってしまうと言われています。

口内炎の改善にはビタミンB群と言われていますが、ニキビにもビタミンB群がお肌の改善を助けてくれることがあるようです。

スナック菓子やインスタント食品を食べて体の栄養を使ってニキビを悪化させてしまう可能性を作るより、体に良い物を食べて、栄養を補充しながらニキビの改善と予防をするようにしましょう。

ビタミンB群は豚肉、レバー、納豆、まぐろ、カツオ、牛乳、バナナに含まれています。
バナナをフォークでつぶして、そこに牛乳を注いだら即席のバナナシェイクができるので、お腹が空いた時にはオススメです。

バナナシェイクならビタミンBがたくさん含まれていますし、カルシウムやタンパク質も含まれていて他の栄養もばっちり摂れます。

ニキビ対策にもなるので思春期の男の子と女の子には特にオススメです。


睡眠をたくさんとる

それから睡眠をたくさんとることも思春期ニキビの改善には重要です。

睡眠中にお肌が生まれ変わると言われていますし、睡眠をたくさんとることはニキビの為にも良いですが、体を成長させる為にも大事な時間です。ニキビの為にもこれから大人になるに向けて健康な体を作っていくためにも、夜更かしをせず、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

枕カバーも清潔に保つことが大切です。

寝ている間は汗をたくさんかきますし、枕は寝返りをうったりして顔がたくさん触れている部分です。枕カバーは頻繁に洗うようにして、清潔にするよう心掛けるとニキビ予防になります。

思春期ニキビは成長過程の段階なのである程度できてしまうのは仕方がありませんが、対策と予防もできます。

思春期ニキビに悩んでいる方は少しでも取り入れてみることで変わってくることもあると思うので、試してみると良いかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 思春期ニキビ

Comments are closed.