> >

ちょっと高いけど効果があるニキビケア



ちょっと高いけど効果があるニキビケア

体調やホルモン、生活の乱れからできるニキビ

私は、年代的にはアラフォーにはいり、そろそろニキビというより、吹き出物という感じで、これらができるということは、体調やホルモン、生活の乱れが巻き起こすからだ全体のトラブルを象徴するかのような存在になりつつあります。

そんなわけで、ニキビができるときはきまって、体全体の調子がわるく、気分もめいっているようなときにいつもできてしまいます。

それも助けてつい、ストレスでそのニキビを触ってしまい、あとになってしまうことがままありました。

特に私は口元をさわる癖があるので、あごにできたニキビをさわっているうちに、ものすごくくっきりした後になって、赤いニキビをこして、すっかり黒ずんだあざのようになってきていました。

写真をとってもしっかりうつってしまうほど大きくなってきたので、思い切って皮膚科の治療をうけることにしました。

美容系の皮膚科を受診

比較的大きな美容系の皮膚科を受診したところ、かなり大きいがまだ薬で十分治る程度なので、しばらく薬をつけ続けましょうということになり、とても小さなボトルで3000円以上するものを毎日つけつづけました。

1週間程度でなくなってしまうので、何度ももらいにいかねばならないし、保存は冷蔵庫でしなければならなかったので、面倒でしたが、つけて1か月半ぐらいしたことからしかっかり効果がでて、いまではあの黒ずんだニキビはまったくあとかたもなくなりました。

値段は高くても信頼できるクリニックのニキビ薬

やっぱり、値段は高くても信頼できるクリニックのニキビ薬をつけるべきだなと実感しました。もちろん程度によっては、薬局などの簡単な薬で治る場合もあると思いますが、私のニキビ跡のように重症化あるいは、重症化の一歩手前であれば、やはり皮膚科か専門のクリニックでお薬をもらうことをおすすめします。

もっと状態がわるくなれば、治療系の施術が必要になってくるかもしれませんので、是非はやめによい皮膚科やクリニックをみつけましょう!最近ちょっと怪しめのところもありますが、探せばとても親身になってケアしてくれるところが見つかると思います!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビ体験談

Comments are closed.