> >

ビタミンB群が欠乏するとニキビが出来やすくなる



ストレスや食事、睡眠など生活習慣が乱れると現れるニキビには、ビタミンを摂取する事がとても大きく関わっています。

ただ、”ビタミン”と聞くと、ビタミンCを思い浮かべる人が多いでしょう。
ニキビを改善したり予防するのはビタミンCだけで`はないのです。
ビタミンB群が欠乏するとニキビが出来やすくなる

ビタミンBとは?

ビタミンBは1つではなく、B群として8種類あります。
ビタミンB群はそれぞれが個々の働きをするのではなく、お互いに助け合って働いているのです。

種類は、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、葉酸、パントテン、ビオチンの8つ。

ビタミンB群は体内で連携しあって色々な働きをしています。

・新陳代謝、ターンオーバーを正常にする
・ストレスの緩和
・皮脂の分泌を促す
その他にも、疲労回復や貧血予防、鬱予防の効果もあります。


ビタミンB群を多く含む食べ物

ビタミンB群は8種類ありますので、種類ごとに見ていきたいとおもいます。

・ビタミンB1→豚肉(ヒレ)、生ハム、豚肉(もも)、たらこ、うなぎ、玄米など。豚肉は他の部位にも多く含まれています。

・ビタミンB2→レバー(豚、牛、鶏)、ハツ(豚、牛、鶏の心臓)、うなぎ、納豆、卵などに含まれています。

・ビタミンB6→ニンニク、マグロ、牛レバー、カツオなどに多く含まれています。肉や野菜にも含まれていますが、マグロ、カツオ以外にも鮭やサンマなど魚に含まれているようです。

・ビタミンB12→しじみ、牛レバー、あさり、いくら、イワシ、ハマグリと貝類に多く含まれています。他にはサンマやメザシなど魚に含まれていますが、野菜にはほとんど含まれない成分です。

・ナイアシン→たらこ、マグロ、カツオなどの魚類、豚や牛のレバー、鶏のささみやツナ缶にも含まれています。

・葉酸→レバー(鶏、牛、豚)の葉酸の含有量は別格に多いです。その他に枝豆、モロヘイヤ、アスパラなどの緑黄色野菜にも多く含まれています。

・パントテン→レバー(鶏、豚、牛)、卵黄、納豆、鶏肉に多く含まれています。

・ビオチン→ピーナッツ、アーモンド、納豆の豆類や、レバー(鶏、豚)、牛乳にも含まれています。

総合的に見ると、ビタミンB群を効率良く摂取するにはレバー、うなぎを食べるといいですね。
ただし、私はこれだけ沢山の食材をバランス良く取る事に自信がないし、うなぎやレバーばかり食べるわけにもいかないので、「今日はバランスが良くないかな」と感じた時はビタミンB群のサプリメントで補っています。


ビタミンB群とニキビの関係

ビタミンB群が欠乏するとニキビが出来やすくなります。
それはビタミンB群の働きがニキビと大きく関わっているからです。

ビタミンB群は、皮脂の代謝を促進させ、皮脂量のバランスをコントロールしてくれています。

しかしビタミンB群が体内に少なかったり、糖類や油分を多く摂取してしまうとバランスが崩れ、ニキビなどの肌トラブルに見舞われてしまうのです。

ビタミンB群は水に溶ける水溶性と、油に溶ける脂溶性の2種類があり、水溶性のビタミンB群は多く摂取しても水に溶けてしまう為、体の中に貯めておく事が出来ないので毎日摂取しなくてはなりません。

難しく考えると面倒になってしまいかねませんから、初めはサプリメントを併用しながらスタートするといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 食べ物・栄養素

Comments are closed.