> >

にきびだけでなくニキビ跡も綺麗にしてくれる「亜鉛」



亜鉛を摂取する人のイメージは、高齢の方で食事をしても味がしなくなってしまった人が摂取するというのが強くないでしょうか。

また、亜鉛という物質は知っているけれど、それがどんな働きをするか知らない人も多いと思います。

必須ミネラルの1つで、子供が亜鉛不足になると成長障害になる事もあります。
実はとても大切な働きを数々こなしているのです。
にきびだけでなくニキビ跡も綺麗にしてくれる「亜鉛」


亜鉛の働き

”亜鉛”は馴染みの少ない成分ですが、人間が生きていく為に沢山の働きをしています。

・脳に働きかけ、冷静さを保つ
・味覚障害を防ぐ
・健康な髪を作る
・性機能の維持
・アルコール分解の促進
・風邪をひきやすくなる

男女ともに子供を作る為の性機能には亜鉛の働きが関係しています。
亜鉛が不足すると、男性は不妊、女性は生理不順になる可能性があります。

また亜鉛は脳や精神安定にも大きく関わっています。
亜鉛が不足すればイライラだけでなく、鬱病などに発展する事もありますので、定期的に摂取したいですね。


亜鉛を含む食べ物

・生牡蠣
・牛肉
・レバー(豚、牛、鶏)
・卵黄
・たらこ

亜鉛を含む食べ物はこの他にも色々ありますが、食べ過ぎには注意しなければなりません。

1日の摂取量は、平均で男性は8mg、女性は6mgと言われています。
国の勧める1日の摂取量は男性で9mg、女性は7mg。
そして男女ともに上限としているのが30mgです。

たくさん食べ過ぎると副作用があります。

腹痛や下痢、めまいや発熱、がん細胞が発生するという可能性もあります。

牡蠣1つに含まれる亜鉛は、約5~6mgですので1日に2個食べると10mgで十分な摂取量です。

牡蠣のおいしい時期はつい食べ過ぎてしまうという事もありますから気をつけましょう。


亜鉛とにきびの関係

亜鉛は肌が傷ついていると修復する働きがあります。
その為、にきびだけでなくニキビ跡も綺麗にしてくれるのが亜鉛なのです。

また亜鉛は新陳代謝に大きく関係しています。

たとえば味覚障害は、味覚を司る器官が正しく新陳代謝出来ていない状況にあり、それを亜鉛の働きで正常にする事で味覚を取り戻せるようになるのです。

肌のターンオーバーも同じで、肌の狂ってしまった新陳代謝を亜鉛の力で正常に戻す事により、にきびを治す事はもちろん、にきび跡を綺麗にする事も出来るのです。

亜鉛はあまり馴染みの少ない成分ですが、人間が生きていく為にも、にきびを治し綺麗な肌にする為にも重要な成分なのです。

摂取量に注意して、毎日取り入れましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 食べ物・栄養素

Comments are closed.