> >

酵素が足りないと体に毒素を溜まりニキビができてしまう



最近耳にするようになった”酵素”ですが、それは高齢の方が健康の為に飲んだり、ダイエットを試みる人が食事の代わりに酵素を取るといったイメージです。

では、酵素が何なのかを知っている人ってどのくらいいるのでしょうか。

また私たちの体の中で酵素がどんな働きをしていて、どのような効果をもたらしてくれるんでしょうか。
酵素が足りないと体に毒素を溜まりニキビができてしまう

酵素って何?

酵素とは、私たち人間やその他の動物、また野菜や果物など全てに存在するものです。
その酵素は大きく3種類に分けられます。

1消化酵素・・・私達は生きていく為に飲食をします。すると酵素は体の中に入ってきた食べ物に対して分解したり、エネルギーを作り出したりと働いています。それが消化酵素です。

2代謝酵素・・・肌は毎日新陳代謝を繰り返して、古い皮膚は剥がれ落ちて新しい皮膚になっています。それを行っているのが酵素です。他にも体を動かしたり、物事を考えたりと消化酵素が作り出したエネルギーを働かせるのが代謝酵素です。

3食物酵素・・・食物酵素とは、字のごとく”食べ物にある酵素”の事です。私達の体の中には酵素がありますが、使えばなくなってしまう為、補給しなければ生きていけません。そこで食物に含まれる酵素を使って維持しているのです。


酵素を含む食べ物

・バナナ
・アボガド
・キウイフルーツ
・レタス
・ニンジン
・セロリ

酵素を持つ食物は、フルーツや野菜が多くみられます。

食物の中に含まれる酵素は、私達の体の中に入って働き始める前から、他の食材に対して働いているのです。

例えば、魚料理に添えられた大根おろしです。さんまを食べる際によく大根おろしが付いていますが、それは大根の酵素がさんまの油を分解してくれている為、脂の乗ったさんまを食べても胃がもたれないのです。

それと同様なことが、酢豚のパイナップル、ごはんと納豆、あずきとカボチャなどいろいろあります。

それらがどうして一緒に食べられているのか私も不思議に思っていましたが、”食い合わせがいい食材”として伝わっている理由が分かりました。


酵素とニキビの関係

酵素が体内で行っている働きは数限りなくあります。

例えば、酵素は体の中の毒素を排出する働きがありますが、酵素の働きが足りないと体に毒素が溜まって、にきびとなって体に現れるでしょう。

また酵素が毎日新しい肌へと作り変えていますが、それがなければ肌はどんどん古く悪い状況になり、にきびが出来ても仕方ないものとなるでしょう。

酵素は私達人間にとってなくてはならない成分なのです。
酵素はダイエットのイメージが強いですが、アンチエイジングやにきびのない美肌の為に、そして生きていく為の大切な存在なのです。

ただ日々生きていく中で酵素は減っていきますから、意識して積極的に取り入れていきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 食べ物・栄養素

Comments are closed.