> >

食物繊維で便秘を解消しニキビを防ぐ



「便秘を治す為には食物繊維!」と言うイメージが強いですが、ニキビにはどう関係あるのでしょうか。

また、食物繊維で連想できる食べ物は、セロリやゴボウといった筋の多い食べ物ですが、なかなか食べる機会もないのが現状です。

では食物繊維を摂取する為には、他にはどんな食べ物があるのでしょうか。
食物繊維で便秘を解消しニキビを防ぐ

食物繊維の働きは?

食物繊維は腸内の働きを活発にさせ、便秘の改善に繋がったり、腸内の細菌の数のバランスを保つなどの効果があります。

腸内の細菌のバランスが保たれると、ビフィズス菌という善玉菌が免疫力を高める働きをしてくれるので、健康維持に繋がります。

また食物繊維は水分を吸収して膨らんでコレステロール値を正常にしたり、血圧を抑制する働きを持っている為、肥満で悩んでいる人は積極的に摂取したい成分です。


食物繊維を含む食べ物

・インゲン豆
・おから
・しそ
・納豆
・きなこ
・ゴボウ

その他にも青汁や煎茶や玉露、抹茶などのお茶にも沢山含まれていたり、バナナやリンゴなどの果物にも含まれていますので、毎日の食事の際に一緒に煎茶を飲んだり、食後のデザートにはリンゴを食べるなどすると、定期的に食物繊維を摂取できますね。

粉末の青汁なら、旅行先に持っていったりできるので便利ですよ。できるだけ食物繊維が豊富でオリゴ糖や乳酸菌が含まれる青汁を選ぶとよいでしょう、
青汁の便秘解消効果!食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖が豊富な青汁は?
青汁は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく配合されています。

食物繊維の1日の摂取量の目安は20グラム~25グラム程度と言われていますが、毎日の食事で食物繊維が取れる平均は15グラム程度だそうです。

そこで残りの5グラムを意識して摂取するのであれば、バナナであれば2本半を食べれば良く、納豆であれば100グラムを食べれば十分クリア出来るでしょう。


食物繊維とニキビの関係

食物繊維とにきびの関係には、”便秘”がキーワードとなってきます。

便秘は腸内に老廃物や体に悪い毒素が長くとどまっている状態で、体に不要なものが居座っているのです。

すると腸内はひどい環境になり、とどまっている毒素はまた血中に入り体の中を流れて、気分はイライラ、顔色は悪い、にきびとなって現れてくるのです。

そこで便秘を解消する為に食べたいのが”食物繊維”です。

食物繊維を食べることで便秘が解消され、それがにきび改善へと繋がります。

ただ毎日の生活が忙しくて、なかなか毎日食物繊維を取れないという人にオススメなのがオールブランなどの”シリアル”です。

シリアルは食物繊維が豊富で、朝食に牛乳をかけてササッと食べる事が出来るからです。

また果物にも食物繊維が含まれているのものたくさんありますから、食後のデザートに毎日食べると、リラックス効果もプラスされていいですね。

腸内を綺麗にする事は、にきび対策だけでなく将来病気にならない予防にもなりますので、家族全員で行いたい習慣です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 食べ物・栄養素

Comments are closed.