> >

皮膚科でのニキビ治療によくあるトラブル



ニキビは皮膚の病気なので、皮膚科医で治療するのが正しいというのは間違ったことではありません。

間違った方法でニキビを悪化させてしまわないためには、専門医に診てもらうのが一番正しいとも言えます。

ただ、ニキビの治療を皮膚科で受けた方の中にはトラブルも見聞きします。
皮膚科でのニキビ治療によくあるトラブル
多くは、白ニキビ、黄色ニキビ、黒ニキビなどを潰されてしまい、跡が残ってしまったというトラブルです。

できるだけ触らないように注意して、慎重に治療するのが当然と思っている方にとって非常にショックなことでしょう。

このようなトラブルが起こるのは、治療の目的が治療する側とされる側の希望がすれ違ってしまうからなんです。


治すことを最優先にする治療

ニキビの治療は、その患部の炎症を素早く抑えることが最優先とされます。
化膿している場合は、膿を出して治療する場合もあります。

ニキビの治療に皮膚科医に受診する場合は、「ニキビ跡を残さないで治したい」のか「早く治したい」のかどうかきちんと伝えるようにしましょう。

もちろん早く治せてニキビ跡も残らないのがベストですが、美容皮膚科ではなく一般的な皮膚科ではキレイに治すことは、あまり重要視されないケースがあるのです。

それがニキビ治療によくあるトラブルの原因になっているのです。

ニキビ跡を残さず、キレイに治すことを優先したいのであれば、美容皮膚科医へ受診するのが安心でしょう。

保険適応外の治療を行うため、治療費は高くなる可能性がありますがトラブルになるケースは少なくなります。


美容皮膚科医で行う治療

美容皮膚科医では、ニキビをキレイに治すための治療としてビタミンのイオン導入や光を用いた治療で肌のターンオーバーを正常化する治療、ニキビ注射やニキビ圧出などニキビの症状に応じて様々な治療をします。

ニキビ跡の治療には、シミの治療にも使用されるレーザーを利用した治療も行います。

費用はそれぞれのクリニックによって差がありますが、ニキビ治療の実績のある美容皮膚科医の治療料金を参考にすると、ニキビにダイレクトに注射をして治療するニキビ注射で7000円程度、ニキビ圧出は3000円程度です。

レーザーやLEDを使用した治療は、場所によって違いますが1回5000円~10,000円程度で受けられます。

美容皮膚科でのニキビ治療は、ニキビができた時だけではなく、ニキビを繰り返さない肌にするための長期的な治療を行うことになるので、トータルでの費用はかなり高額になります。


変化しつつあるニキビ治療

皮膚科医と美容皮膚科医のニキビ治療は大きくかけ離れていますが、この数年で一般的な皮膚科でのニキビ治療にも変化が出てきました。

今までは保険適応外であった治療が保険で受けられるようになったり、医薬品も保険適応になるものが多くなってきたのです。

酷いニキビに悩んでいる方は、まず皮膚科医で相談してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.