> >

ニキビで自分の見た目に苦しんだ体験



ニキビが出来始めたのは小学校高学年の頃でした。元から油肌だったのですが、急にニキビが出来始めました。
ニキビで自分の見た目に苦しんだ体験
私はそれまで親戚からも肌がキレイだねと言われていて、良く肌を触られていました。それが嬉しく思っていたので、ニキビが出来始めたころは本当に辛かったです。

ちょっとずつできるというよりは急激に出来始めたので、鏡を見るのも怖かったです。急にたくさんできたので一時は何かの病気なのではと本気で心配しました。

そして病院にも行って診てもらったのですが、そこで思春期ニキビだと診断されました。

スキンケアには力を入れていたが

スキンケアには力を入れて行っており、日に三回くらいは洗顔をして肌を清潔に保っていました。有名なニキビケア用の化粧水やクリームも色々と使ってみましたし、脂取り紙を常に持ち歩いていました。

ですがそれでも治らずに小学、中学、高校、専門学校の途中までずっとニキビと付き合いました。

一時期は本当に酷い状態で、肌中にニキビがぎっしりとあり、学校に行くのも嫌な時期もありました。

男性でも辛いと思いますが、女性にとっては本当に最悪なものです。顔は必ず見られる部分で自分でも自分の皮膚を気持ち悪いと思うのですから周りの人が思わないはずがありません。そう思うと見られることも大分怖かったです。


膿んだニキビを潰していた

ニキビが膿んでくると黄色い膿が見えて、それを治すためと思ってよく潰していたのも悪かったと思います。

余計に悪化させるような行動は後から思うといろいろ行っていました。肌をごしごしこするのも今は悪い影響だったと分かりますが、当時は油をしっかりと落とすために必要なことだと思っていました。

何度も顔を洗うことも今考えると良くなかったなと思います。


いまだにニキビは完治していない

思春期が終わったためか、今は大分肌が落ち着いてきて綺麗になっていますが、まだニキビが全て治ったわけではありません。

ニキビのせいで肌にコンプレックスが強かった昔を思うとマシになりましたが、それでもまだ完治とはいえません。

できるだけスキンケアには気を付けて、昔のように見た目にコンプレックスを持たずに過ごしたいと思います。子供の頃辛い思いをしただけにこれからは綺麗な肌を保ちたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビ体験談

Comments are closed.