> >

ニキビ予防には保湿は必須



10代の頃、ひどいニキビに悩まされてきました。一時期、顔中炎症を起こすようなひどさですが、幸い20代になってからは元通りに戻りました。
ニキビ予防には保湿は必須
色々な治療を試しましたが、「これだけは大事」と今でも感じているのが、「保湿だけは必ずすること」です。


10代の頃は保湿を怠っていました

私は10代当時、オイリー肌だったこともあり、保湿を怠っていました。というよりも、「保湿なんかしたら、余計脂が浮いて、ニキビがひどくなるんじゃないか」と思い込んでいたのです。

今考えると、これがどうやらニキビを悪化させる原因だったようです。

肌は、脂分が足りなくなると、自動的に脂をどんどん分泌してしまい、オイリーな状態を加速してしまうのだそうです。

なので例えば、洗顔後に何もスキンケアをしないままにしておくと脂浮きしてしまうのはこのためです。

化粧水は付けていたが乳液は

私の場合は、洗顔後に化粧水は付けていましたが、「べたつくから」という理由で乳液は付けていませんでした。

しかし化粧水は、乳液のオイル成分で蓋をしてあげないとすぐに蒸発してしまい、肌は乾燥してしまいます。

そうすると、肌がどんどん脂を分泌してしまいます。更に私は、脂浮きしたときは脂取り紙などを使っていたので、更に皮脂の分泌を加速させてしまい、ニキビをどんどん悪化させてしまったのでした。


皮膚科の病院を変えてみた

「これではまずい」と思い、皮膚科の病院を変えてみたところ、そこの先生から一言「保湿が足りていませんね。とにかく保湿しなさい。」と言われ、当時は半信半疑で保湿をしたところ、治り方のスピードが確実に違ってきました。保湿をするのとしないのではこうも違うのかと、少しショックでもありました。


今は保湿だけは欠かさない生活

そんなニキビの思い出のせいで、今は保湿だけは欠かさない生活です。
もし、乳液やクリームのべたつきが気持ち悪い、という場合は、サラサラした感じのものもたくさん出ていますので、ニキビに悩んでいる場合は必ず保湿をオススメします。これ以上悪化させないためにも、肌という「土台」をきちんとケアしてあげることが、1番大切だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビ体験談

Comments are closed.